昔、激ハマりしていた福袋

今ではすっかり買わなくなってしまいましたが、福袋が大好きでした。
私の周りで福袋好きな友人も知人もおらず、唯一気持ちが分かり合えるのは母親だけでした。
福袋が嫌いな人の多くの意見は「その分、自分が気に入った服を買えばいい」という意見です。
昔の福袋は中身が見えないのが当たり前で、帰宅して開封してから当たり、ハズレを感じていましたが、最近では「中身の見える福袋」「中身が選べる福袋」が多くなってきました。
私が、福袋を購入するのは初売りがメインでした。今は季節を問わず売っていることが増えましたが、福袋の醍醐味は初売りだと思っています。
私と母親が福袋にハマっていた時期は、車2台で行って洋服、服飾、雑貨、化粧品、下着、ギフトセット、お菓子などの福袋を手分けして買うのが当たり前で帰宅するとお互いの車が福袋でパンパンになっているんです。それから中身を取り出しては着てみたり、中身を交換し合ったりするのが楽しかったですね。
当時は初売り初日だけで何万円も使っていたと思います。
私が、大手スーパーで働き始めてからは事前にどんな福袋が出るのか知っている為、休憩時間や休日を利用して福袋を買っていました。意外と良かったのは台所用品の福袋でフライパンやお鍋が格安で買えるうえにフライ返しや雑貨が多く入っているのでお得なんです。
フライパン福袋は今でも母親がリピーターとなって買っています。
勤務先にあった洋服屋さんが好きで、11月から福袋の予約をしてくれるんですがアウターが入って一万円という安さに何度もリピ買いしていました。中身が選べるのも魅力でしたし、色も好みの物に変えてくれるので好きな福袋でした。エーグルやエディーバウアーなどのアウトドア福袋がやっぱりおすすめかな。
一度、ネットオークションでも福袋を買った事があります。ネット上の福袋は割高になっていたり、着られない洋服ばかりというものもあるので覚悟して買いました。
しかし、洋品店に勤める人が自分で作った福袋だったようで、センス良し、デザイン良し、おまけ多いと文句なしの大当たりだったんです。10万円相当入って8000円で買わせてもらった福袋の洋服は今でも着ています。今年は雑貨店の福袋が久しぶりに欲しいです。